オーストラリア厚生福祉の充実度が 世界でもトップクラス

こんにちは!

今日もマキシーグローバルのブログにアクセス下さりありがとうございます。

現在 世界中の人々を脅かしているコロナウイルス感染の影響で、オーストラリア政府が外国人の入国を禁止 航空会社が相次ぎフライトキャンセル、観光業、留学斡旋業 の他にも 

国内のリテールショップや飲食業界は、営業を規制され 失業者が相次いでいる国内です 

日本から来ていたワーキングホリデー/留学生の方々の多くは、収入源も減りフライトが欠航されるとの噂を聞き日本へ帰国されたました。

日本から来た多くの若者は、ファーム/飲食業で働いていますが コロナ感染歯止め対策の一部に 飲食業は持ち帰りしか営業できなくなってしまいました。

オーストラリア在住日本人で 日本へ帰る人は聞いたことが有りません。 

今日は、その真相をお話したいと思います。 

 

オーストラリアは、真剣にコロナウイルス感染に歯止めをかける政策を続けてきました 

現在は、買い物/運動/仕事と 必要最低限以外は外出しないようにとの法令が出ています 

経済的に不安を抱える国民に対して、3月中旬からオーストラリア政府が補助金給付の発表をしました。その金額が320BILLION 日本円で約208.9兆円と半端ではありません。 

そして、失業補償期間が6カ月と、英国/ニュージーランドの3カ月保障の二倍です。  

オーストラリアの厚生福祉は、メディケアという 診察料全額負担可能な医療保障から始まり 無期限の失業手当て 障害者手当 シングルペアレンツ手当 家族手当 New Start (仕事を始めたばかりで低収入の人へのサポート) 他 世界でもトップクラスにです 

今回のオーストラリア政府は第二次世界大戦以後 最大の危機である今を切り抜けられるように 様々な経済支援を約束しています。 

国民の殆の一般家庭へのサポート  

2020年3月31日から$750が支給されます。 一定の条件を満たしている家庭には2020年7月13日から二度目の$750が支給されます。 

 JOBKEEPER PAYMENT 

従業員がいる企業へのサポートとして、コロナ問題が緩和した以後にも 継続的に雇用希望である企業と従業員のストレス緩和の為に $1500を二週間毎に6カ月間保障されます。 

 INCOME  SUPPORT   

所得補助を受理している国民は 現在 受理しているサポートにプラス $550が二週間毎に6カ月間支給されます。 

受理条件を満たしている人 

  • Jobseeker payment  
  • Youth Allowance   
  • Parenting Payment  
  • Austudy 
  • ABSTUDY Living Allowance 
  • Farm Household Allowance 
  • Special Benefit  

 そして、コロナ感染が巻き起こす様々な要因で 家庭内暴力/精神的苦痛をお抱えの人への ホットライン 外出が出来ないお年寄りをサポートする Care Army も設置されました。 

オーストラリアも日本も頑張ろう

IMF  ワールド エコノミック アウトルック と OECD Organisation for Economic Co-operation and Development は、コロナ感染問題が治まった後 経済復興が極めて速いとの見解があった国は オーストラリア イギリス カナダ ドイツ フランス そして 日本 だそうですので、頑張ってこの危機を乗り越えて 元通り 海外へ自由に行き来できる日が一日も早く来ると良いですね。

 

人にも経済にも優しいオーストラリアでの語学勉強やオーストラリア式の自分で考え/行動できる人間にこれからの日本を支えていける人材育成に繋がることは間違いありません 

 

オーストラリア留学にご興味がございます方がいらっしゃいましたら、お問い合わせお気軽に 

心からお待ちしています。