もしも?と思ったらどうするか オーストラリア政府のコロナ対策と信頼できるサイト情報 

今日もマキシーグローバルのブログを読んで下さりありがとうございます。

皆さんお元気ですか?

健康は本当に大切だと実感させられる今日この頃です。

一刻・一刻と状況が変化している今日この頃です。情報が溢れている今日 どの情報を参考にしたらよいのか悩まれる方も少なくないと思います。オーストラリア国内のコロナウィルス感染のリアルな情報を確認するお勧めリンクをお伝えしたいと思います。

オーストラリア政府官僚のご紹介

先ず初めに、オーストラリア政府官僚の紹介からしたいと思います。この方々が、ニュースで発表する機会が多い今日この頃です。

現在の首相は、Scott Morrison です。小/中学生の娘さんが二人いらっしゃる 野球好き、テイラー・スイフ(英国のシンガー)のファン 首相のニックネーム SCOMO です。モリソン首相が決断するコロナウイルスに関する情報リンクは以下をクリック

https://www.pm.gov.au/media/update-novel-coronavirus-covid-19-australia-0

 

Health Ministor 厚生大臣 Greg Hunt ほぼ毎日テレビで会見します。

 

 

オーストラリア政府は、待ったなし ” 即断即決 “

普段は、のんびりしているオージーです。家族や友達と過ごす時間を大切に、海/山/公園 等の屋外で自然に触れ合いながら休日を楽しむ人々が多いです。平日の仕事は、定時で終わり残業はありません。金曜日は、ランチと同時に仕事は終わり そのまま週末に入るというような 働きバチの日本人の方々には驚きのことではないでしょうか? オーストラリア人の働き方は、”決断が速い” ”決断力がある” ”初期にプラン作成をする” ”一度決めたらプラン通りに動く” ”アイディアが豊富” という特徴があり, 今回のコロナウィルス対応でも浮き彫りになっていますが、

待ったなし ” 即断即決 “

日本の方々の中には、”そんなに急に変わられても困る! “ と思う方もいらっしゃるかもしてませんが、郷に入れば郷に従えということでご理解されることが先決です。

 

オーストラリアのコロナウィルス関連現状を確認するには、政府のサイトが一番信頼できる

オーストラリア政府の健康関連サイト以下のリンクです。英語のみです。

リンクをクリックすると添付イメージの目次が出るので、ご興味のある項目をクリックしてください。

https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert#current-status

 

 

 

オーストラリア政府のこれまでの対応

 

ウイルスの発生後オーストラリア政府が実践してきたこと 05/03/2020迄

  • 2020/02/03  武漢でロックダウンになったオーストラリア市民/永住権保持者のレスキューに行き全員離島クリスマス島で14日間の検疫期間を確保 有料$673 ~ $1,000- 検疫期間後は、クリスマス島からパースへ送られ その後は自費で帰る
  • 2020/02/03 中国本土からの渡豪をストップ
  • 2020/02/07 武漢へは、2度のレスキューに行き3度目は実践予定なし、その理由は、” 2度目のレスキューの際に機内にはかなりの空席があったから” とのことです。
  • 2020/02/17 ダイアモンドプリンセスの乗客オーストラリア市民/永住権保持者約200人のレスキューに行き 最北端の州ダーウィンで14日間の検疫期間を確保
  • 2020/03/01 イランからの渡豪ストップ
  • 2020/03/05 韓国からの渡豪ストップ
  • 2020/03/05イタリアからの渡豪者は、発着/到着の際に健康状態のチェックを厳格に、豪国到着時に健康状態が不調な人は、隔離される

オーストラリア政府は、テロリスト攻撃や、伝染病が広がった際の非常時のめに医療製品を総額20ミリオンを在庫 で保管 コロナウイルスの感染拡大にも準備万端とのことです。

 

 

コロナウィルス感染の症状がある人はどうする?

コロナウイルスの症状がある人は、2週間の自己隔離をすることが義務つけられています。

南オーストラリア州では、この義務付けを守らないと裁判所命令/警察官に連行される といった措置されるので注意が必要です。

コロナウイルス感染かな?と思ったら病院やGeneral Practice へ今までと同じように訪問してはいけません。個人で判断しないで Australia GOV Department of Health 1800 020 080 に電話連絡をして指示をうける、英語が苦手な人は、” Japanese Trans-rater, please. ” と言うと通訳サポートを準備してくれます。又は、かかりつけのGPに電話連絡をして支持を受けましょう。

マキシーグローバルでは、不安な方々への情報・心のケア サポート中
海外で、現在の状況の様な非常事態は体験するといろんな不安もあると思います。
そんな、方々へのサポートを無料でさせて頂いておりますので、
お一人でお困りの方は LINE@ からメッセージをお送りください。
出来る限りのサポートをさせて頂きたく思っています。